SDL2のチュートリアルをやってみる BGP2.0 - その10 カラーキーイング、背景を透明にする

   

Lesson10 Color Keying

カラーキーイングを使って、背景を透明にする

参考: Lazy Foo' Productions Tutorials 10

要点、注意点

  • サーフェスに対して、カラーキーイングを設定した後にテクスチャを生成する
  • 複数の対象を描画する場合は、順番が大事である。積み上がるイメージなので最初に描画したものは下になる。
  • テクスチャのラッパークラスを作成する。主な機能は、イメージのファイルからの読込、座標を指定して描画、サイズの取得である。

使用関数のメモ

関数名に設定したリンクは、日本語ヘルプへのものです。

関 数 名 備 考
SDL_SetHint 拡大時の画質のヒント liner : 線形フィルタ
SDL_SetColorKey サーフェスのカラーキーを設定する

 - BGP2.0, C++, SDL2, チュートリアル